トップ > インターネット用語 > ハードディスクのブートレコード

ハードディスクのブートレコード

パソコンを起動させて、最初にハードディスクを読み込むとき、何がハードディスクに起こっているかご存知ですか?

はじめは「マスタブートレコード」というハードディスク内の特別な場所を読み込みます。
マスタブートレコードは、パーティションに属さない特別な場所に記録されている情報です。
ハードディスク内にどのようなパーティションや論理ドライブが作られているのか、といったハードディスクの構造に関する情報が記録されています。

また、マスターブートレコードには、各パーティションがハードディスクのどの位置にあるかという、読み書きの制御に必要な情報も入っています。
さらにマスタブートレコードには起動用の基本ソフトがどのパーティションに入っているのか、という情報も入っています。

このような情報がないと、ハードディスクの内部がどのように管理されているのかわからず、そのハードディスクが使用できません。
マスターブートレコードはハードディスク内でも非常に重要な部分なのです。

起動に使うパーティションは複数作ることもできます。
しかし、実際に起動時に使用されるのはマスタブートレコードで指定されたひとつの基本パーティションだけです。

パソコンを起動させると、パソコンは指定された基本パーティションの中にある「ブートレコード」を読み取ります。
このブートレコードは「マスタ」ではなく、そのパーティションのブートレコードであり、そのパーティションに関する管理情報が記録されています。

起動用の基本パーティションのブートレコードには、そこに記録されている基本ソフトに対して、最初に読む込むべきプログラムが指定されています。
たとえば、ウィンドウズであれば、ウィンドウズ本体を読み込んで立ち上げるための「ウィンドウズローダー」と呼ばれるプログラムが起動されます。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「インターネット用語」です。
パソコンに不可欠の、インターネット用語について解説しています。
関連ページ

キャッシュとは

インターネット用語で「キャッシュ(cache)」という用語がありますが、インター...

ハードディスクのブートレコード

パソコンを起動させて、最初にハードディスクを読み込むとき、何がハードディスクに起...