トップ > ハードディスク基礎知識 > ハードディスクの断片化

ハードディスクの断片化

ハードディスクの断片化

 ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなります。 ハードディスクの断片化がその原因のひとつとしてあります。

 ハードディスクの断片化とはどういうことでしょうか? 新品のハードディスクを使用を開始すると、新しいファイルがハードディスク内の未使用領域に書き込まれていきます。 最初のうちは、書き込まれたファイルは連続した状態で記録されていきます。 また、連続した状態で記録されているので、読み取る際も連続して読み取ることができます。

 ところが、ハードディスクをしばらく使っていくうちに、一度作ったファイルを削除することがあります。 記録されているファイルが削除されると、削除されたところだけが未使用領域の状態に戻されます。 ここでハードディスクのファイルが連続でなくなり、いわば「虫食い状態」になるわけです。 そして次に新しいファイルが保存されるとき、その虫食い状態のところに新しいファイルが部分的に保存されることがあるのです。

 つまりこういうことです。使用中のハードディスクに新しいファイルを記録させるとします。 新しいファイルはまず、最初の未使用領域(虫食い状態の部分)に記録されます。 もしファイルの容量が大きく、その領域に収まらない場合は、次の虫食いを探してファイルの残りのデータはそちらに記録します。 そしてファイル全体を記録し終えるまで、それらの作業を繰り返します。

 新しい一つのファイルは分割されて保存されるというわけです。そしてこの現象を断片化と呼びます。 ハードディスクにファイルの記録や削除を繰り返していくうちに、断片化はどんどん進行していきます。

 ファイルが断片化されていると考えると何となくいい気持ちがしませんが、実際にファイルの断片化はいいことではないのです。 ファイルがハードディスク内の別々の場所に記録されているので、連続して一つのファイルが記録されている時に比べ、アクセスに時間がかかるようになります。 これを解消するのが「デフラグ」です。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスク基礎知識」です。
ハードディスクの基礎知識について解説します。
パソコンの記憶の要といえるハードディスク、その構造についてご存知ですか?
基本的なハードディスクの知識や原理を知っておきましょう。
関連ページ

ハードディスクのフォーマット

データをハードディスクに保存するためには、データの記録方法をあらかじめ決めておく...

ハードディスクのドライブ文字

ウィンドウズでハードディスクを使用する場合、Cドライブ・Dドライブというように、...

ハードディスクとパーティション

ハードディスクの容量が昔に比べて格段に大きくなった現在、1台のハードディスクをパ...

ハードディスクの断片化

 ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなります。 ハー...