トップ > ハードディスクの活用法 > デフラグの方法

デフラグの方法

 ハードディスクを長期間使用しているとディスクに「断片化」という現象が起き、ファイルの読み書きの速度が遅くなります。 断片化がひどくなったハードディスクに対して、内部であちらこちらに散らばった情報を並びかえ、連続した状態に整理し直すことができます。 これを「デフラグ(デフラグメンテーションの略)」といいます。 デフラグを行うことで、ハードディスク上の断片化されたファイルを連続した状態へ並べ替え、ハードディスクのアクセス速度が速くなります

 デフラグには特別なソフトをインストールする必要はなく、ウィンドウズの標準状態で行えます。 その方法を説明しましょう。

1. スタートメニューの「すべてのプログラム」から「アクセサリ」に入ります。
2. アクセサリの「システムツール」の中に「ディスクデフラグ」を選択します。
3. ディスクデフラグを起動させると、ボタンひとつでハードディスクの最適化を行うことができます。 ドライブの一覧から対象(ハードディスクなら通常「C:」です)を選び、「最適化」ボタンをクリックします。

 なお、デフラグを行う際はすべてのソフトを終了させておく必要があります。 デフラグの実行中は、ハードディスク内のファイルデータを並び変えている様子を図示してくれます。 この様子を眺めるのが好きという人は結構多いです。

デフラグの方法 ディスクデフラグのツールでは、実際にハードディスクの最適化を行う前に分析ボタンをクリックすると、ハードディスクの最適化を行ったほうがよいかどうかを分析してくれます。 ここで「最適化する必要はありません」と出るまではデフラグを実行しないほうがいいでしょう。 なぜなら、デフラグはハードディスク内の大量のデータを読み書きするので、ハードディスク自体に負荷をかけるからです。 デフラグをあまり頻繁に行うとハードディスクの寿命を縮めると言われています。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの活用法」です。
ハードディスクの活用法について解説します。
ハードディスクを長持ちさせる方法や、データの整理方法、データのバックアップ方法を覚えて、パソコンを便利で快適に、長持ちさせましょう。
関連ページ

デフラグの方法

 ハードディスクを長期間使用しているとディスクに「断片化」という現象が起き、ファ...

ハードディスクの整理をしよう

 パソコンにアプリケーションソフトなどを多数インストールしていくと、だんだんハー...

ハードディスクを長持ちさせる方法

一般にハードディスクは半永久的に使えるものと思われがちです。 しかし、ディスクを...

データ・ファイルのバックアップ方法

 あなたのパソコンのハードディスク、まさかに備えてバックアップを取っていますか?...