トップ > ハードディスクの活用法 > データ・ファイルのバックアップ方法

データ・ファイルのバックアップ方法

 あなたのパソコンのハードディスク、まさかに備えてバックアップを取っていますか?

 ハードディスクはPC本体よりも消耗が速く、消耗品とさえ言われています。 普通に使っているとだいたい寿命は5年前後か、早いものだと1年で壊れてしまうこともあります。 ハードディスクが壊れると、記録されているデータやファイルを復旧させることは容易ではありません。 また、ハードディスクの寿命でなくても、パソコンの誤操作やウイルス感染でデータが消去されてしまう恐れもあるのです。

 このように考えると、パソコンのハードディスクだけに大切なデータを保存するのは大変キケンであり、データやファイルのバックアップを取って故障に備えなくてはなりません。

 バックアップの方法として、同じハードディスク内の同じドライブの中にバックアップ用のフォルダを作り、そこにバックアップデータを保管する方法があります。 また、同じHDD内でも別のドライブを作成し、それをバックアップ用ドライブとしてデータを保管するという方法もあります。 しかし、これらの方法はベターな方法とはいえません。 元データもバックアップデータも同じハードディスクに入っているのですから、なんらかのトラブルがあった場合、元データとバックアップ用データが同時に消えてしまう可能性があります。 なので、ハードディスクのバックアップは別の記録媒体に記録させたほうがベターです。

 たとえばバックアップデータをCDやDVDに保存する方法や、外付けのハードディスクを接続詞、そこにバックアップデータを保存する方法もあります。 このような方法であれば、万一ハードディスクが壊れようと、バックアップデータは影響を受けませんので、確実にデータを復旧させることができます。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの活用法」です。
ハードディスクの活用法について解説します。
ハードディスクを長持ちさせる方法や、データの整理方法、データのバックアップ方法を覚えて、パソコンを便利で快適に、長持ちさせましょう。
関連ページ

デフラグの方法

 ハードディスクを長期間使用しているとディスクに「断片化」という現象が起き、ファ...

ハードディスクの整理をしよう

 パソコンにアプリケーションソフトなどを多数インストールしていくと、だんだんハー...

ハードディスクを長持ちさせる方法

一般にハードディスクは半永久的に使えるものと思われがちです。 しかし、ディスクを...

データ・ファイルのバックアップ方法

 あなたのパソコンのハードディスク、まさかに備えてバックアップを取っていますか?...