トップ > ハードディスク基礎知識 > ハードディスクと振動・衝撃・結露

ハードディスクと振動・衝撃・結露

 ハードディスクは非常に精密な機械です。 ハードディスク使用中のディスクと読み書き用ヘッドの間のすき間は、タバコの煙の粒子も入り込まないほどの空間しかありません。 そんな状態なのに、パソコンの使用中はディスクが高速で回転しています。 なので振動などでデータの読み書き用ヘッドとディスクが触れてしまうと大変です。 ヘッドがディスク表面を削ってしまいます。 そうなるとハードディスクの故障という事態になってしまいます。

 そうならないように振動対策を施しているハードディスクもあります。 しかし、それでも確実な故障対策かというと、万全の対策にはなりません。 はやり、HDD自体が精密な機械なので振動・衝撃は極力避けなればなりません。

 パソコン本体の故障はユーザーにとって深刻なダメージになりません。 中のハードディスクを取り出せば、データを失うことはないからです。 しかし、データが入っているので最も重要で、しかも振動や衝撃に一番弱いのがハードディスクです。そのため、パソコンに振動や衝撃を与えた場合、最初に壊れてしまう可能性が一番高いのがハードディスクです。何と皮肉なことなのでしょう!

 一度振動や衝撃で壊れてしまえば、そのハードディスクのデータは修復のしようがありません。また、そのハードディスクから大切なデータを取り出すことは難しいことでもあります。

 振動以外にも気をつけたいことがあります。それは、冬の寒い時期に問題なる「結露」です。 冬の時期、ハードディスクを屋外の非常に寒いところから暖かい部屋の中に持ち込むると、ハードディスクの温度が上昇し、それに伴ない、ハードディスクの内部に結露が生じる恐れがあります。 このままノートパソコンを起動するとハードディスクは壊れてしまいます。 これを防止するためには、数時間はパソコンを使わず室内に静置し、室温に慣らしてから起動させるのがよいでしょう。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスク基礎知識」です。
ハードディスクの基礎知識について解説します。
パソコンの記憶の要といえるハードディスク、その構造についてご存知ですか?
基本的なハードディスクの知識や原理を知っておきましょう。
関連ページ

ハードディスクのフォーマット

データをハードディスクに保存するためには、データの記録方法をあらかじめ決めておく...

ハードディスクのドライブ文字

ウィンドウズでハードディスクを使用する場合、Cドライブ・Dドライブというように、...

ハードディスクとパーティション

ハードディスクの容量が昔に比べて格段に大きくなった現在、1台のハードディスクをパ...

ハードディスクの断片化

 ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなります。 ハー...