トップ > ハードディスクの修理とトラブル > ハードディスクの寿命

ハードディスクの寿命

ハードディスクにも寿命があります。
ハードディスクの寿命が来ると、頻繁にファイルの読み取りエラーが起きるようになります。
さらに時間が経つと、やがてファイルを読むことも不可能になります。

とくに、起動用のハードディスクの寿命がやってくると、OSそのものが起動できなくなり、パソコンを立ち上げることもできなくなるという可能性もあります。

それでは、どの程度の期間でハードディスクの寿命がくるのでしょうか?
それは使用環境や使用頻度、などの使い方によって大きく変わるので、一概には言えません。
しかし、一般家庭で使われるごく標準的なパソコンの使い方では、ハードディスクはだいたい5年くらいは使えると言われています。
しかし、かなりハードな使い方をする場合、1年くらいでハードディスクの寿命がくることも珍しくはありません。

ハードディスクの寿命をあらかじめ知ることはできるのでしょうか?
異常の前兆として、ファイルの読み取りエラーが起こる、時々異常な高温になる、大きな動作音がする、不自然な音がする、などがあります。
しかし、何の前触れもなく、ある日突然ハードディスクが起動しなくなるということもあります。

ファイルの読み取りエラーなど、寿命の切れる前兆が出始めたハードディスクは、早急に新しいものに交換するのがベターです。
また、重要なデータを扱っているパソコンの場合は、3年程度を目安にハードディスクを交換するのが良いでしょう。

古いハードディスクを早めに交換することで、ハードディスク内のデータも正常にコピーすることができます。
万が一、本格的にエラーが起きるようになると、ファイルのコピーすらできなくなってしまう危険性があります。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの修理とトラブル」です。
ハードディスクが壊れたら?
ハードディスクの修理と故障対策について説明します。
ハードディスクは基本的にデリケートなものですから、こまめなバックアップが重要です。
それでも故障してしまったときのために、最低限の故障対策の基礎知識を覚えておきましょう。
関連ページ

ハードディスクの寿命

ハードディスクにも寿命があります。 ハードディスクの寿命が来ると、頻繁にファイル...

インターネット通販での購入

ハードディスクを購入するばあい、どういうお店で買うのがいいでしょうか? インター...

ハードディスクの廃棄方法

 不要となったハードディスク、どうしていますか?  普通はいらなくなったHDDは...