トップ > ハードディスク基礎知識 > ハードディスクのフォーマット

ハードディスクのフォーマット

データをハードディスクに保存するためには、データの記録方法をあらかじめ決めておく必要があります。
市販されているハードディスクは、何もないまっさらな状態です。
(もっとも、最近の市販のハードディスクは事前にフォーマット済みのことが多いですが)
その状態のハードディスクに、WINDOWやMACといったそれぞれのOSが、ハードディスクを使うために必要なファイルシステムを組み込むことが必要です。

そのファイルシステムを組み込む作業のことを「フォーマット」といいます。

パソコンにはハードディスクが組み込まれています。
そして、ハードディスクはパソコンにインストールされたOSによって稼動されます。

ハードディスクをフォーマットすることで、ファイル名の一覧や、それぞれのファイルのサイズなどを記録しておく場所を決めておきます。
ハードディスクがフォーマットされていないと、ハードディスクのどこにデータが保存されているのか、どこを読み書きしたらいいのか分からないのです。

ハードディスクの場合、そのパソコンのOSにあわせたファイルシステムをフォーマットによって組み込みます。
同じWindowsでも、Windows98/MeとWindows2000/XPとでは、システムファイルの規格は違います。

一方、CDやDVDに関しては、ファイルシステムの規格、つまり読み書きに関する規格は統一されています。
例を挙げると、データ用のCD−ROMの場合、「ISO9660」が標準の規格です。
データ用のDVDでは「UDF」という規格になっています。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスク基礎知識」です。
ハードディスクの基礎知識について解説します。
パソコンの記憶の要といえるハードディスク、その構造についてご存知ですか?
基本的なハードディスクの知識や原理を知っておきましょう。
関連ページ

ハードディスクのフォーマット

データをハードディスクに保存するためには、データの記録方法をあらかじめ決めておく...

ハードディスクのドライブ文字

ウィンドウズでハードディスクを使用する場合、Cドライブ・Dドライブというように、...

ハードディスクとパーティション

ハードディスクの容量が昔に比べて格段に大きくなった現在、1台のハードディスクをパ...

ハードディスクの断片化

 ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなります。 ハー...