トップ > ハードディスクの増設 > ハードディスクのインターフェイス

ハードディスクのインターフェイス

ハードディスクとパソコンを接続するインターフェイスには数種類の規格があります。

まず一つ目はIDE規格です。
IDE規格のインターフェイスはパソコンに標準装備されているものです。
IDE規格のハードディスクのメリットは、接続や設定が簡単に行えるということです。
さらに、価格も安価で、同じ容量ならば、他の規格のハードディスクによりも安く購入することができます。
IDE規格のハードディスクは、初めて増設する場合に適していると言えます。
しかし、パソコンに内蔵するタイプに限定される点はデメリットです。

2つ目はSCSI規格です。
SCSI規格とはパソコンの周辺機器を数珠つなぎにできるインターフェイスです。
SCSI規格のハードディスクには、内蔵型と外付け型の両方のタイプがあります。
しかしながら、SCSIボードと呼ばれる拡張ボードをパソコンに装着する必要があります。
したがって余計な費用と手間がかかってしまうのがデメリットです。

3つ目はUSB規格です。
USBコネクタは現在のほとんどのパソコンに標準装備されており、現在最も一般的なインターフェイスといえるでしょう。
USB規格の大きな特徴は、パソコンの電源を入れたままハードディスクの取り外しができる点です。
パソコン本体にUSBケーブルでハードディスクを接続すれば自動的に認識され、すぐに使用可能になります。
ハードディスクに限らず、マウス・プリンタ・スキャナなど、多くの周辺機器がUSBで接続できるようになっています。
ノートパソコンでも使用でき、USBハードディスクが最も手軽に増設できる方法と言えるでしょう

最後にIEEE1394規格です。
この規格は米国電気電子技術者協会(IEEE)で規格されたものです。
技術的にはUSBより新しい規格で、もともとデジタルビデオカメラからパソコンにデータを転送するためのインターフェイスです。
IEEE1394のハードディスクは、その方法を利用したものです。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの増設」です。
パソコンのデータが多くなるとハードディスクを増設する必要がある場合があります。
また、データのバックアップのためにも外付けハードディスクを利用することもあります。
ここではハードディスクの増設や外付けに関する知識について解説します。
関連ページ

ハードディスクの必要な容量

ハードディスクを増設する際、どのくらいの容量のハードディスクを選択するのが良いで...

ハードディスクのインターフェイス

ハードディスクとパソコンを接続するインターフェイスには数種類の規格があります。 ...

内蔵型と外付けハードディスク

ハードディスクの形状には大きく分けて二種類あります。 1つは内蔵型ハードディスク...

ハードディスクの容量増加について

 ノートPCは内蔵のハードディスクを後から増やすことができません。ノートパソコン...