トップ > ハードディスクの増設 > 内蔵型と外付けハードディスク

内蔵型と外付けハードディスク

ハードディスクの形状には大きく分けて二種類あります。
1つは内蔵型ハードディスク、もう一つは外付け型ハードディスクです。
それぞれの形状のハードディスクはどんな特徴を持っているのでしょうか?

まず、内蔵型ハードディスクとは、パソコン本体に内蔵して使用するタイプのハードディスクで、もちろん外からは見えません。
3.5インチのハードディスクがデスクトップパソコンでは主流です。
内蔵型ハードディスクの規格には「IDE規格」「SCSI規格」があります。

一方、2.5インチのハードディスクがノートパソコンで主に用いられています。
これは、IDE規格が採用されています。

内蔵型ハードディスクの長所は、まず安価であるということ、そして、パソコンの外にハードディスクを設置する場所が不要ですから、見た目もすっきりすると点です。

いかし、内蔵型の欠点としては、パソコン内部に空きスロットが必要なことと、パソコン本体のケースを開けて設置と設定を行う必要があるので知識のない方には向いていません。

外付けハードディスクは、その名のとおり、パソコンの外部に設置して使うタイプの使ハードディスクです。
外付け型ハードディスクの規格はSCSI規格、IEEE1394規格、USB規格などがありますが、いずれも専用ケーブルでパソコンとハードディスクとを接続する形になります。

もし接続ポートがないパソコンの場合は、拡張カードを追加してハードディスクを設置しなければなりません。

外付けタイプのハードディスクの長所は、パソコンとハードディスクをケーブルで接続するだけで簡単に増設できる点です。
反対に欠点は、内蔵型ハードディスクより値段が割高だということと、パソコン周辺にハードディスクを設置するスペースが必要だという点です。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの増設」です。
パソコンのデータが多くなるとハードディスクを増設する必要がある場合があります。
また、データのバックアップのためにも外付けハードディスクを利用することもあります。
ここではハードディスクの増設や外付けに関する知識について解説します。
関連ページ

ハードディスクの必要な容量

ハードディスクを増設する際、どのくらいの容量のハードディスクを選択するのが良いで...

ハードディスクのインターフェイス

ハードディスクとパソコンを接続するインターフェイスには数種類の規格があります。 ...

内蔵型と外付けハードディスク

ハードディスクの形状には大きく分けて二種類あります。 1つは内蔵型ハードディスク...

ハードディスクの容量増加について

 ノートPCは内蔵のハードディスクを後から増やすことができません。ノートパソコン...