トップ > ハードディスク基礎知識 > ハードディスクのドライブ文字

ハードディスクのドライブ文字

ウィンドウズでハードディスクを使用する場合、Cドライブ・Dドライブというように、ドライブをアルファベットで表します。
一般的なパソコンでは、起動用ドライブである1台目のハードディスクがCドライブとなっています。

1台目なのにどうしてCドライブと言うのでしょうか?不思議だと思いませんか?
これは、昔のパソコンの名残で、1台目のドライブがハードディスクではなく、フロッピーディスクであったからなのです。
昔のパソコンでは、1台目のフロッピーディスクドライブがAドライブ、2台目のフロッピーディスクドライブがBドライブとなっていたのです。

ハードディスクが一般的になるまでは、Aドライブにワープロなどのアプリケーションソフトを入れて、Bドライブにデータ用のフロッピーディスクを入れて使用していたのです。
そしてパソコンが進化し、Aドライブ・Bドライブに追加する形で、Cドライブにハードディスクが割り当てられました。
そして現在でも、フロッピーディスクドライブはAドライブとなっています。

今のパソコンでは起動用ハードディスクがCドライブに割り当てられていますが、Dドライブ以降はどうなのでしょうか?
Dドライブ以降は単純に追加された順番に名前が割り当てられます。

たとえば、ハードディスクがCドライブ、CD-ROMドライブがDドライブであるパソコンに新しくUSBフラッシュメモリーを追加したとしましょう。
新しく追加されたフラッシュメモリーはC,Dの次のEドライブということになります。
増設した順番に文字が割り当てられます。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスク基礎知識」です。
ハードディスクの基礎知識について解説します。
パソコンの記憶の要といえるハードディスク、その構造についてご存知ですか?
基本的なハードディスクの知識や原理を知っておきましょう。
関連ページ

ハードディスクのフォーマット

データをハードディスクに保存するためには、データの記録方法をあらかじめ決めておく...

ハードディスクのドライブ文字

ウィンドウズでハードディスクを使用する場合、Cドライブ・Dドライブというように、...

ハードディスクとパーティション

ハードディスクの容量が昔に比べて格段に大きくなった現在、1台のハードディスクをパ...

ハードディスクの断片化

 ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなります。 ハー...