トップ > インターネット用語 > キャッシュとは

キャッシュとは

インターネット用語で「キャッシュ(cache)」という用語がありますが、インターネットにおいてキャッシュには二つの意味があります。
それは「検索エンジンのキャッシュ」と「ハードディスクのキャッシュ」です。

「検索エンジンのキャッシュ」とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンが、検索結果表示用の索引を作る際に、WEBサイトの内容を一時的に検索エンジンのデータベースに保存しているものを言います。
作ったばかりの新しいWEBサイトは検索しても表示されませんが、これは検索エンジンのクローラー(ロボットともいいます)がそのWEBサイトを訪問しておらず、キャッシュされていないからです。

また、検索エンジンで表示された結果と、実際のページが違うことが時々あります。
これは、実際のサイトではページ内容が更新されてからクローラーがそのページをまだ訪問していないからです。
その結果、検索エンジン内のデータベースのキャッシュが古いままで残っているのです。

なお、あるページが検索エンジンにキャッシュされているかどうかを調べるには
Googleなら「cache:ページのURL」を入力すれば、キャッシュされている情報が表示されますし、
Yahooなら、そのサイトのURLをそのまま入力すれば、キャッシュされているサイト内のページ一覧が表示されます。

一方、「ハードディスクのキャッシュ」とは、インターネットを閲覧するパソコンのハードディスク内に取り込まれたサイトの情報のことです。
IE(Internet explorer)などのブラウザで一度閲覧したページを、ハードディスクは一時的に保存します。
そして、そのページを再度見る時は、わざわざインターネットにアクセスしないでも、ハードディスク内に記憶されている情報を利用してページを表示するのです。
こうすることで、パソコンはすばやくページを表示することができるようになるのです。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「インターネット用語」です。
パソコンに不可欠の、インターネット用語について解説しています。
関連ページ

キャッシュとは

インターネット用語で「キャッシュ(cache)」という用語がありますが、インター...

ハードディスクのブートレコード

パソコンを起動させて、最初にハードディスクを読み込むとき、何がハードディスクに起...