トップ > ハードディスクの修理とトラブル > ハードディスクの廃棄方法

ハードディスクの廃棄方法

 不要となったハードディスク、どうしていますか?

 普通はいらなくなったHDDは廃棄するか、中古として売ったりしますが、処分するときに忘れてはならないのは、ハードディスクの中のデータを完全に消去しておくということです。 ハードディスク内には、様々な情報が入っていて、秘密にしておきたい情報や、仕事の顧客情報などの個人情報入っているからです。 ハードディスクの中のデータを完全に消去しないで廃棄したり、売却するのは非常にキケンです。

 HDDをフォーマットするだけでは不完全です。特殊なデータ復旧のためのソフトを使えば、消去したはずのデータを復旧することが可能なことも。ハードディスク内の重要な個人情報が読みとられ、予想外の目的に悪用される可能性があります。

 ハードディスクを廃棄するときには、物理的にハードディスクを分解し、ディスク自体を叩き割ってしまうのが一番確実です。 でもHDDを中古で売却したいときには壊すわけにはいきませんよね? こんな時には、市販のデータ削除ソフトを使用してハードディスク内のデータを完全に消すという方法を取るといいでしょう。 WindowXPならば「cipher」というコマンドを使用し、HDD内のデータを完全に削除してしまうという方法もあります。

 PCを中古で売却するときは、Windowsを再インストールした状態で売りに出すことになりますが、そんな場合も、一旦、ハードディスク内のデータを完全に削除し、Windowsを再インストールしたほうがいいようです。そのパソコンを使っていた時のさまざまな情報が残っているからです。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「ハードディスクの修理とトラブル」です。
ハードディスクが壊れたら?
ハードディスクの修理と故障対策について説明します。
ハードディスクは基本的にデリケートなものですから、こまめなバックアップが重要です。
それでも故障してしまったときのために、最低限の故障対策の基礎知識を覚えておきましょう。
関連ページ

ハードディスクの寿命

ハードディスクにも寿命があります。 ハードディスクの寿命が来ると、頻繁にファイル...

インターネット通販での購入

ハードディスクを購入するばあい、どういうお店で買うのがいいでしょうか? インター...

ハードディスクの廃棄方法

 不要となったハードディスク、どうしていますか?  普通はいらなくなったHDDは...